旅に関する書籍

旅に出るのにはお金も時間も必要。でも、家にいても電車の中でも旅に出る方法が一つだけ。
旅の本は自分をまだ見ぬ憧れの地に連れて行ってくれたり、愛着を持っている土地に戻ってきたかのような気持ちに
させてくれる。

これから行こうとしている土地に思いを馳せても良し。自分の感じた事と、他人の視点を比べてみるも良し。
日本はどういう国なんだ?と改めて考えるも良し。

管理人おすすめの書籍をピックアップしてご紹介。実際に手にとってほしいから、文庫版が出ているものを中心に。
はずれ無しです。


■海外旅行一般■ ■旅行記■ ■地域■ ■先住民族■


  旅全般にまつわる本。

へっちゃらの海外生活マニュアル

海外旅行に行った事がない人って意外にいると思う。
あなたが一歩を踏み出したのを応援します!!
堅苦しい都市別のガイドブックなんて買わずに、こんなゆるくて面白いマニュアルで「海外に行くときに必ず抑えなきゃいけないこと」だけは考えてみては?

へっちゃらの海外生活マニュアル

民族世界地図最新版  宗教世界地図最新版

民族と宗教。日本人がつい「自分には関係ない」と思いがちな二大トピック。でも世界では「そんな事は知りませんでした」って訳にはいかないみたい。文庫で簡単に一般的な知識を仕入れられるので、民族/宗教と関わりの深い土地に行く前には、思わぬトラブルを避けるためぜひ一読を。最近のニュースの背景がどうもわからない人にも。知らない事は恥ずかしくありません。知ろうとした時に放っておかないマインド、好きです。
民族世界地図最新版 宗教世界地図最新版
ナショナルジオグラフィック傑作写真ベスト100

このシリーズはたくさん出ていてどれも魅力的なのだが、あえて傑作写真ベストに。世界中に転がっているまだ見ぬ出来事にちょっとでも触れてみたい。


                                                  ▲TOP
ナショナルジオグラフィック傑作写真ベスト100

  誰かがしたステキな旅を感じられる本
深夜特急(1)香港・マカオ
深夜特急(2)マレー半島・シンガポール
深夜特急(3)インド・ネパール

ベタは承知。

バックパッカー旅行を勧めている訳でもない。ただ旅の中で感じる「匂い」のような独特な感傷はこの小説がとっても上手く表現してくれている。

深夜特急(1)香港・マカオ 深夜特急(2)マレー半島・シンガポール 深夜特急(3)インド・ネパール
深夜特急(4)シルクロード
深夜特急(5)トルコ・ギリシャ・地中海
深夜特急(6)南ヨーロッパ・ロンドン

もう読んだ人はすっ飛ばしてもらって、まだ読んでない人はとりあえず文庫だし、1番目の旅からトライしてみては?

主人公と一緒に旅に出れますよ。
深夜特急(4)シルクロード 深夜特急(5)トルコ・ギリシャ・地中海 深夜特急(6)南ヨーロッパ・ロンドン
エグザイルスすべての旅は自分へとつながっている

私の中でロバート・ハリス氏は自由人界の「Mr.」的なイメージ(笑)。バックパッカー/ヒッピー的な要素はあるけれどそれもステキな時代感ではないだろうか?「どう生きていこうか?」という若者の根源的な悩みと、もがきながら生きる様子が共感。

エグザイルスすべての旅は自分へとつながっている
ダライ・ラマに恋して

普通のOLがチベットの精神的指導者ダライ・ラマに会いに行こうとする旅。それぞれの動機はなんであれ、心を開いて思いもしなかった出会いや学びに感動するのが旅のだいご味。ダライ・ラマの本と思って買うと失望するので注意(笑)。
ダライ・ラマに恋して
Love & free世界の路上に落ちていた言葉

パートナーと二人で世界中を放浪する…。旅好きには夢のような話ですが、そんな著者の旅先で撮った写真とその時に感じた言葉がつまっている。無茶しなくなってきた人は必見です!!ラストシーンがとっても印象的。名著。



▲TOP
Love

  特定の地域にまつわる本
ノーザンライツ  (アラスカ)

写真家の星野道夫さん著。熊に襲われて亡くなったのが記憶に新しい。寒い土地を嫌う人も多いが、寒いからこその透き通った美しさというのは他の何ものにも変えがたい、と道産子の私は思うわけで。アラスカを愛した著者の遺作。

ノーザンライツ
果てしなく美しい日本 (日本)

日本の良さとは?日本の美しさとは?日本で生まれ育った私達が時に気づかない良さをニューヨーク生まれの著者が、繊細に切り取っていく。ここに書いてある事を私たちはどう捉えて行くべきだろう、といつも考えさせられる。



▲TOP
果てしなく美しい日本


  土地に根付いて暮らしている先住民族の本
ミュータント・メッセージ

オーストラリアの先住民族アボリジニ。野蛮とされてきた彼らの文化は果たして本当に野蛮なのか?一人の欧米人女性が突然巻き込まれた儀式をきっかけに、物質文明とは全く異なる新しい世界に触れていく事となる。こんな事あるのかよ〜!?と思いつつ夢中で読める本。
ミュータント・メッセージ
パパラギはじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集
絵本パパラギはじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと

サモアの島の酋長がヨーロッパに旅した後、仲間に白人社会の事を説明した演説の書籍化とそれを元に書かれた絵本。自分達のあたりまえは文化それぞれで違う事を改めて感じる。絵本は和田誠さんのステキなさし絵が。

▲TOP
パパラギはじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集 絵本パパラギはじめて文明を見た南の島の酋長ツイアビが話したこと


HOME  旅行記  旅に出る準備  パスポート  旅に関する書籍  プロフィール  リンク

PHOTO BY AKI KIUCHI
DESIGNED BY MIHO KURIIIHARA
当サイト上に関する写真等の無断転載はお断りします。

お問い合わせはこちらまで


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送